RSS | ATOM | SEARCH
七夕だったのね - 山本憲

「桜 散ラズ…」終演しましたね。
人の心情が垣間見えるシーンがホントに良いなぁってしみじみ思う作品でした。
前回も記載しましたが、所属なのに客演ばかりになってもう5年経つ中で主宰の作品が好評な事の嬉しさと、所属の自分の今の実力が追いついているのかの葛藤が出てくる今日この頃です。

 

そんな中で今年も客演の話があって毎度のことながら告知をさせていただきます。
今月本番なのでもう少し早くしたかったのですが、
「桜 散ラズ…」が終演してからの方が順序的に良いかなぁと悩んだ結果、
この七夕の夜にこの書き込みをする事にしました。
・・・曇りで星は見えませんが・・・(^^;A)

 

今回参加する劇団リナクトは、「社会人が仕事と両立しつつ、楽しく最高の演技をする!」というコンセプトで今年旗揚げした少し特殊な団体になります。その為に本番が土日のみという形になっております。
稽古も基本は土日で、今まで参加していた団体では平日の稽古は仕事を極力定時上がりで遅刻参加、本番週のみ休むという形でしたが、平日は普通に残業しているという不思議な状態です。
ですが、その反面稽古日数が少ないので役者としての力量も問われるという身の引き締まる思いです。

 

今回の作品は近未来の設定で、統計に基づき未来を予測するアプリに人々が意思決定を頼るようになっていく世界が舞台になります。その中でとある事件をきっかけにかつての天文部の仲間たちが再会し、過去と現在の思いの果てにたどり着く未来を描く物語となっております。

 

劇団リナクト 旗揚げ公演
『星の刻』

 

【あらすじ】
〜人の夢は儚いけれど
人が死んでも「夢」は死なない〜

統計に基づき未来を予測するアプリ『ゲーテ』
将来の進路、企業の意思決定...人々は『ゲーテ』に頼り切って生きるようになっていた...。
とある事件をきっかけにかつての天文部の仲間たちが再会する。
過去の思いと現在の思い、それぞれの思いが交錯し、未来は...!?

 

【公演タイムテーブル】
7月23日(土) 13:30   18:00
7月24日(日) 13:30   17:30
開場は開演時間の30分前になります。

 

【劇場】 
早稲田小劇場どらま館
住所:東京都新宿区戸塚町1-101(東西線早稲田駅徒歩5分)
http://www.waseda.jp/student/dramakan/

 

【チケット】
2000 円

 

【チケット予約】
私に直接連絡いただくか、下記のサイトで予約可能です。
https://docs.google.com/forms/d/1L0FzCRT_EZcuRrWoYc607OWsLNywTo5XELHbVov5-NU/viewform?c=0&w=1
↑こちらからサイトに登録、最後の知り合いの名前を「山本憲」で予約して頂ければ幸いです!

 

私の40代最初の舞台となりますので、その雄姿(?)を是非ともご覧いただけましたら幸いです!!!!
皆様、よろしくお願いします。

author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 23:46
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ろくも40になりました。 - 山本憲

今年ももう残り半分ですね。
それがボトムのメンバー初の書き込み…
本当に筆不精なおっさん達ばかりですみません(¯―¯٥)。

 

私がまだ10代のうら若き頃、「おしんも二十歳になりました。」
と言うポスターを見た記憶があり、このタイトルにしてみました
…とは言え、誕生日から結構経ちましたが…(;^ω^)

 

品潮記からボトムの公演をもう五年もやっていないのだと思いつつ、
ろくを演じてた時も既に34と結構いい年だったなと自分の貫禄のなさをしみじみ思う・・・
市村さんはAUNさんで作・演出をやって、
私は細々とながら客演をしている日々・・・

 

ボトムの公演では所属であり、メンバーも3人のみなので仕事量は半端ないですが、
客演先でもスタッフワークのお手伝いは多少ながらさせていただいてますが、
客演という立場上あまり負荷が多くないのでと良い気にならないように気をつけねば。
40歳ともなると共演者からはベテラン臭がどうしても出てきますよねぇ
どうしても若者にない何らかの・・・上手く言えませんが・・・

 

良い演技をすることは勿論、
少しは人に教えてあげられるというか、貫禄という感じなものを持ちつつ、
でも威張ることなく謙虚さも兼ね備える・・・
そんなおっさんに私はなりたい(๑•̀ㅂ•́)و✧!

 

やばい、残業しすぎな後に予約フォームの閉鎖作業でおかしなテンションで文章を打っている気がする・・・(¯―¯٥)
市村さん作・演出の「桜 散ラズ…」絶賛公演中の最中の戯言ですm(_ _)m。

 

さぁ、週末も稽古頑張ろっと!(๑•̀ㅁ•́๑)✧

author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 01:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コメディやります!! - 山本
昨年2月から久々の舞台出演となりました。
今回はマグズサムズという団体に客演します。

「マグズサムズ」は元々「マグナムブラザーズ」と「サムライモンキー」という2つの劇団から結成した団体で、私は結成して初回の「Starting Over」の公演の時に制作仲間からの依頼でお手伝いしてからの付き合いとなります。

マグズサムズの作品はコメディにとことんこだわっておりまして、いつもお手伝いしつつ、楽しく拝見しておりました。
手伝いしてない時もありましたが・・・(^^;A)。

少し余談も含みますが、去年の6月に1ヶ月無職となり、せっかくだからバカンスして、いろんな場所を放浪しまして、その時マグズサムズの役者さんが福井に住んでいたので訪ねにも行ってました。
その方もそれから東京に戻りまして、夏にマグズサムズのワークショップのご案内をいただき、参加しまして、秋も公演○○日前イベントという名目で色々リクリエーションに参加・・・その後の飲み会目当ても半分(^^;A)。

そんな感じで接していましたので、今年5月に公演をやる事は知ってましたが、いつも制作部のお手伝いで関わっていましたので、今回もそうなると思っていたある日、出演オファーの連絡をいただきびっくり!!
大好きな団体からのオファーですのですごく光栄である反面、自分が出る事で面白くなくなったらという不安もありますが、やっぱりやりたい気持ちには勝てないですねぇ♪

知り合いの方はは多いですが、全員初共演!
そして今回もキャスト最年長(−−;)!!
更にマグズサムズ最大キャスト20人となり、一部ダブルキャストになります。
私はどちらも同じ役です。
今回の作品はホラーコメディとなりますが、マグズサムズですのでやはりコメディ要素の方がもちろん強いです(^^;A)。


以下、公演情報になります。

マグズサムズ stage.10
「2ファミリーホラーハウス」

【作・演出】
佐藤 史久

【あらすじ】
恐怖!二世帯住宅は幽霊屋敷だった!

妻の家族と同居することになったある男。
その二世帯住宅にはある秘密があった・・・。
幽霊に義理の家族、次々現れる恐怖の存在に主人公は立ち向かえるのか?
いろんな意味で怖い!マグサム流ホラーコメディ!!

【日程】2015年5月27日(水)〜31日(日)
27(水) 19:30
28(木) 19:30
29(金) 14:00 / 19:30
30(土) 13:00 / 18:00
31(日) 13:00 / 18:00

【場所】
シアターKASSAI
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-45-2
池袋駅東口 徒歩8分

【チケット】<日時指定・全席自由>
早割 / 3000円【5/20水23:59までの受付限定】
前売・予約 / 3300円
当日 / 3500円
学割 / 2500円(大学生・専門学生)
高校まで割 / 1000円(高校生以下)
※「学割」「高校まで割」は当日受付で学生証提示が必要です

【出演】
AKKY / 笠野哲平 / 大澤友花梨 / 猿渡亮太 / ヒロコ コバヤシ / 日暮丈二 / 水澤恵美 / 安藤洋介 /

勝山智世 / 葵夏海 / 窪田信也 / 大平しおり / 今野将志 / 神谷はつき(パセリス) / 酒井裕秀 / 中野麻里奈(メインキャストプロダクション) / 新行内啓太 / 平石久子 / 山本憲(BOTTOM-9) / 門田久実

【STAFF】
演出補 / 猿渡亮太
舞台監督・舞台美術 / 小林英雄
照明 / 岩下由治
音響プラン / 上野雅
音響オペレート / 竹田雄
舞台美術 / 世多九三
宣伝美術 / 寿
ヘアメイク / 吉川一洋(barbershop K's) 
ビデオ / カワイタケオ 粕谷晃司(かすや舞台記録)
スチール / 島倉英嗣
カンパニースタッフ / 磯原幸道 内海奈穂 増田哲英 まつおか晶 やなしまみほ やんちゃ丸 渡辺訓人 和田はちみつ
マグズサムズ制作部 / ありおかなおみ 泉 粧子 嶋則人 永井未来 佐久真早紀

【マグズサムズ web site】
http://www.magzsamz.com/

【チケット予約フォーム】(山本扱いになります!)
http://ticket.corich.jp/apply/57195/T/


BOTTOM-9の時とは一味違う山本憲を是非ともご覧いただけましたらと思います!!
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 01:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ノアノオモチャバコに客演します - 山本
話は遡る事昨年客演した6L工場の稽古中開始時期
6Lの作家陣より「当日制作を誰か紹介出来ないか?」との相談を受け、
知り合いの女優兼制作でノアノオモチャバコ所属の方に承諾をいただきました。
それからしばらく経ち、通し稽古の時にその方が来ていたので挨拶をしたところ、
「ノアに出演しませんか?」と言われました。
通し稽古開始前だったのでびっくりしたのは覚えています(^^;)。
その時は6Lの芝居でいっぱいいっぱいでしたので、
「まぁ、前向きに考えておくね」という返答をしました。

それから8月の6L工場、9月の劇団三段薔薇の本番を終え、
ノアの主宰の寺戸さんと話をし、
出演することにしました!!

8月、9月と初めて2ヶ月連続で舞台出演を終え、
その反動かノアの稽古開始までは演劇以外のことにいそしみました。

初めてツアー旅に参加してみたり、
カフェや農作業をする仲間の結婚サプライズイベントに参加したり、
バーベキュー仲間とコテージ借りて料理披露し合ったり、
甥っ子が出場する国体のバレーボールの試合に応援に行ったり、
初めてレンタカーの手続きして共演者と旅行という名の帰省をしてみたり
・・・あ、旅行という名の帰省は一昨年ボトムメンバーでしたっけな(^^;A)

あっ、話がそれてしまった・・・

今回参加するノアノオモチャバコは、
独特な世界観で舞台を描くような作品を手掛けていまして、
オリジナルから古典作品を元に新たな次元で物語を展開していく
ボトムとはまた違った世界観を持つ魅力的な団体です。

今回のキャストの中では自分はどうやら最年長・・・貫禄無いのにぃ(爆)。
まぁ、年齢は関係なく、
物語を成立させつつ魅力を出していく芝居をするまでさ!
と、自分を追い立ててみる・・・頑張ります・・・(^^;)

以下公演情報です。

下北沢演劇祭参加作品
ノアノオモチャバコpresents
『燃ゆる』

【脚本・演出】寺戸隆之
【日程】2014年2月15日(土)〜 23日(日)
【劇場】「劇」小劇場(下北沢)

【チケット】※全席自由席
前売 3000円
当日 3300円

【タイムテーブル】
2月
 15日(土) 18時30分
 16日(日) 15時00分
 17日(月) 20時00分
 18日(火) 19時30分
 19日(水) 14時00分、 19時30分
 20日(木) 19時30分
 21日(金) 19時30分
 22日(土) 14時00分、 18時30分
 23日(日) 11時00分、 16時00分
※受付開始は開演の45分前
  開場は30分前

【出演】
 山森弘毅
 松倉かおり
  (以上、ノアノオモチャバコ)

 生野和人
 松本寛子
 吉田有希
 中津育美
 前田勝
 山本憲
 佐藤紘子
 暁雅火
 大谷倫之
 伊藤あすか
 成瀬清春

【スタッフ】
 照明:伊藤磬
 音響:葵能人
 舞台監督:土居歩
 舞台美術:仁平祐也
 スチール:佐藤太志朗(office道々楽者)
 演出助手:松田悠・菅野佐知子・早川紗代
 制作:たけいけいこ

【ストーリー】
石の中に火がある
意志の中に火がある
火が 秘が 否が 非が
ヒダヒダと
遺志になってこびりついている

ノアノオモチャバコHP
http://www.noa-toybox.com/

チケット予約フォーム
http://www.quartet-online.net/ticket/moyuru?m=0aeabaf

多くの方にご覧いただけることを楽しみしております。
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 02:21
comments(0), trackbacks(0), pookmark
間髪入れず - 山本
11日で6L工場助六恋愛相談所も無事終演し、
12日は久々に何もせず一日を過ごす・・・のも束の間。
翌日13日からは新たに9月に出演する劇団三段薔薇さんの稽古場へ!

いつもは公演を連続するときは3ヶ月くらい空けるようにしていたのですが、
2つの作品のオファーをいただいた時に、
一度くらいはチャレンジしてみようと思い、2月連続出演に挑戦しました!!

6L工場のコントと打って変わって、
劇団三段薔薇の作品は若干コメディー要素はありますが、
戦時中の動物園という中々重いテーマであります!

稽古参加して早1週間。
まだまだではありますが、
しっかりついて行かねば!!

そして、恒例の公演情報をお伝えします。
劇場でお会いできるのを楽しみにしております!


劇団三段薔薇 第25回池袋演劇祭参加作品
『雨宿りの影で、道草の花を』

●脚色
端本宇良

●演出
松崎賢吾

●公演日程
9/5(木) 14:30〜/ 19:00〜
9/6(金) 14:30〜/ 19:00〜
9/7(土) 13:30〜/ 17:00〜
9/8(日) 13:30〜
※開場は開演の30分前です。

●チケット
前売 3,000円
当日 3,500円
(全席自由)

●会場
小劇場 てあとるらぽう
(東京都豊島区長崎5‐1‐32 城北日専連ビルB1)
※西武池袋線 東長崎駅 北口から徒歩1分

●キャスト
端本宇良
井田智美
横田雄平
吉田拓史

松崎建ん語(俳優座)

陽野愛海(FACE)
山本憲(BOTTOM-9)
加山到((有)グルー)
荻原和美(ソラカメ)
高橋輝亘
斉藤太一
四條哲久
知花英剛

井上高志(オフィス三井)

●あらすじ
第二次世界大戦中、空襲への防空措置として行った"戦時猛獣殺処分"
危険動物から順に殺さなくてはならなくなった上野動物園では、動物たちを助けるために飼育員たちが奔走していた―――
戦争の意味を問うヒューマンドラマ

●第25回池袋演劇祭情報(てあとるらぽう)

author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 01:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
助六恋愛相談所。初通し- 山本
すっかりご無沙汰してしまいましたm(__)m。

昨年末から春にかけては、法事づくし&仕事の日々。
それからいよいよ舞台の活動を始動します!!
昨年五月に出演させてもらいました
コントユニット・6L工場の第二回公演に出演する運びとなりました。

今回は作家さんが二名変わりまして、
更に出演者の宇原さんも作家を兼任し、
合計7名の作品を展開していきます!!

本番も1ヶ月を切り、
いよいよ今日は初の通しをしました!

今回は多くの作品に関わりまして、
衣裳が非常に多くてスーツケースに
更にバッグ2つと大きな小道具を個別に持って
稽古場に向かう
・・・う〜ん荷物が多いにも程がある(^^;A)。
そして稽古場は畳・・・靴は置いていけばよかった!Σ( ̄ロ ̄lll)
箇所箇所で自分の着替え待ちをさせてしまいと、
汗ダクダクで何とか乗り切ました(^^;)。

まだまだ稽古段階なので色々変わると思いますが、
まだまだ課題が山積み・・・張り切っていくぞぉ!!

そんなこんなな日々ですが、
多くのお客さんに楽しんでいただけるよう精進いたします!!(^^>

出演情報です。

コント作家ユニット6L工場
第2回公演『助六恋愛相談所』

●開場
新宿シアター・ミラクル<西武新宿駅の目の前>
〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F

●料金
前売:2,000円
当日:2,200円
(全席自由)

●日時
8月 9日(金)
19:30
8月10日(土)
13:00
16:30
20:00
8月11日(日)
14:00
18:00
(開場は開演の30分前です)

●作・演出
石田道子
榊俊作
椎野明子
西池公寛
村野玲子(NICK-PRODUCE)
吉田康一(Antikame?)
+宇原智茂(Red PunPKing)

●出演
石黒麻衣
右代谷勝好
宇原智茂
江田 恵(ソラカメ)
加古みなみ
斉藤千夏(S.A.Bカンパニー)
白勢未生
檀上太郎(g-クラウド)
水谷真利子(S.A.Bカンパニー)
山岡よしき
栄華楼山田
山本憲(BOTTOM-9)

●予約フォーム

では、劇場で会えるのを楽しみにしております。

●公演詳細情報
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 23:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
一週間経ったので振替ってみる - 山本
 ZEROのしっぽ旗揚げ公演「READY,」の本番が終わり、
1週間残業ばかりしていると、
ふと芝居の日々が懐かしくなり、
振替ってみたくなった今日この頃です。

今回は8年振りに出演者で最年長でした。
8年前はまだ20代でしたのでまだ
貫禄もへったくれもないような状況だったので
あまり気にしていなかったが、
アラフォーとなり、もはや若者という年でもないため、
やはり貫禄が欲しいと思う日々でした。

そして今回いただいた役・新倉照英。
この役も最年長にふさわしい大人な役で、
ボトムでは比較的若者な役が多かったので
自分にちゃんと演じる事が出来るか不安もありましたが、
凄くやってみたかった役なので、燃えました!

そして更には震災の被災者役であるという事もあり、
コメディ要素もある作品ですが、
自分の出る箇所というか自分の役がシリアスモードな為、
自分の台詞が薄っぺらひ聞こえてしまう事が怖く、
その心境を持つ事に力を注ぎました。

しかし、被災者ではない自分が想像するのも
限界を感じていた頃、
共演者の山本卓君から、
東北にドライブに行かないかとお誘いをいただき、
その日は本当は予定があったけど、
キャンセルして卓君ともう一人の共演者の須澤さんと3人で
東北に行くことにした。

行った場所は
石巻から牡鹿半島に沿って、女川に行き、
北上川を遡ってから気仙沼に行って、
陸前高田というルート。
復興は進んでいるが被害の名残を感じる場所や
瓦礫はまとめているが何もない状態になっている駅があったと思われる場所。
部分的に通れない道・・・

私の実家も地震の多い伊豆であり
海の近くでありと津波の被害のあった場所の地形に
凄く親近感のある場所であり、
それがこのような事態になった事は
本当にショックでした。

映像で見るのと肉眼で見るのとでは
やはり感じるものが違います。
それから自分の台詞の感情もかなり変わった事を覚えています。

舞台でその被災された人の心が
見たお客さんに伝わったのか?
それを感じてもらえたのなら幸いです。

author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 22:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
終わったねぇ - 山本
READY, 無事公演終了しました。

千秋楽は、カミ様に取り付かれた箇所がありましたが・・・(^^;A)
お客さんからは「感情が高ぶったからなったんだよねぇ」と
フォローしていただく方向になりましたが・・・まぁそういう事で(爆)。
ホント自分の実力はまだまだだなぁと痛感しました。

バラシも終わり、
明け方まで打上げで飲み明かす・・・
今までほぼ毎日一緒にいたメンバーと
次に会うのはいつになるのだろうと思うと、
白みだした空を見ながら
切なくなっていきながら家路をたどり、
帰宅したら爆睡です(@0@)。

今日一日はのんびり過ごして、
明日からは職場復帰となり、
しばし日常に戻るといった状態です。

そう振替ってみて、
やはり自分は芝居がしたいんだなって
改めて実感します。

author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 00:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
三日目2回公演 - 山本
遂にREADY,も後半戦に差し掛かりました。

20日(土)三日目。
本日は遂に二回公演。

同じ芝居なのに、
微妙な変化やその場の会場の空気など
色々な要因があってイメージの異なる作品に思えるときがあります。

そこは面白い事でもあり、
怖い事でもあります。

ただ大事なのは
舞台上で自分の演じている役が
しっかりその場に生きている事。
その場の空気を楽しむ事。
良い芝居をしようと貪欲であること
・・・「ただ」という表現が不適切な感が・・・(^^;A)

そんなこんなで
明日は遂に千秋楽!!

ラスト2ステ頑張ります!!!

author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 00:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
二日目 - 山本
19日(金)二日目終了しました!

初日の本番で張り切りすぎたのか、
初日乾杯で調子に乗ってしまったのか(^^;)、
翌朝チョット喉の調子が悪い状態で目覚めた二日目。

夜1回のみの公演なので、
アップを念入りにして望みました(^^>。
この回は自分の呼んだお客さんが多く、
更に市村さんが見に来るという
二日落ちなんてしていられない程の緊張でした。

今回私は
正直登場時間の少ない役ですが、
要所要所で登場し
主軸の役の人たちと
違う視点を見せる役になっております。

努力の甲斐あってか、
終演後にお客様にご挨拶した時に、
知り会いでない方に
「良い芝居でした」と
言っていただけた事は
本当に役者として嬉しいです!!

明日は遂に2ステ、
張り切って参ります!!!


author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 00:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark