RSS | ATOM | SEARCH
いつものこと
花粉症というのは、現代病らしい。昔は無かったとか。
この時期になると苦しい人達は多いだろう。周りに聞いても、かなり多数の人間が花粉症である。
かくいう私もその一人であり、物心ついた頃にはすでに目や鼻がかゆくなるこの季節が嫌いであった。

いくら鼻をかんでもまるで止まらず、掻きすぎた目は腫れあがり痛みはひかない。毎年、この時期に医者に行き、目薬と鼻薬をもらっていたが、幼心に「ピタリと止まるわけがない物を貰ってもまるで意味がない。時間と金の無駄だ。」と思う様になった。今はわりと良い薬も出ているらしいが、20数年前の当時はそんなもんだった。私は普段から、胃薬も風邪薬も、まず飲むことはない。最後に何か飲んだのは何年前か思い出せぬ。とっておきのここ一番に効いてくれなきゃ、薬は意味がないからだ。

誰しも健康でありたいと願うが、毎日が当たり前だとその事に慣れてしまう。
体に限らず、何かに直面して初めて当たり前の毎日の有難さを痛感する。
毎日が退屈だの、つまらないだの言い出すのだ。もっと面白い事はないのか、もっと誰かに好かれないのか、もっと金が手に入らないのか。
いや、人間てのは恐ろしい生き物だ。かくいう私もかなりの欲深+怠け者だが。
人間を絶望させるのも人間なら、人間を感動させる事も人間はできるのだ。

ん〜

一歩一歩は難しい。

人生の薬ってのは人それぞれだ。

土屋
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 21:53
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
今年なぜか花粉症きません(笑)…こんな事ってあるのかしら?

合成物でない、人生の『薬』的なもんは、モノもそうだけどタイミングなんかも大きいねぇ。

花粉症ないから、今年はよく頭が回ります(笑)
あゆみ, 2010/03/09 10:02 AM
5〜6年前かなぁ。一切花粉が平気な年が2年位あり、こいつぁもらったと思った年もありました。

しかしこの様。うまくいかないもんですな。
土屋, 2010/03/14 6:01 PM









Trackback
url: http://member.bottom-9.com/trackback/45