RSS | ATOM | SEARCH
no title
先輩の結婚式に出てきました。
式〜披露宴〜二次会とフル参加。
私は酒は飲めませんが、とても良かった。
昔の劇団の先輩なんですがね、格好良い男なんですよ。外側だけじゃなくて中身もね。周りも祝福するわ、そりゃ。


お幸せに。

これからも良い舞台を観せてください。


土屋
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
no title
歌舞伎を観てきました。日曜日に。
恥ずかしながら初歌舞伎だったんですがね。
もっと全然分からない言葉ばかりだと思ってましたが、分かりやすかったのです。時代とともに変化してるのでしょう。
何か「原点」のようなモノを感じましたねぇ、お客が見せ物を楽しんで観てるというか…声かけたり、弁当食ったり。
自分ら小劇場とは全然違ったものなんだけど、何というか、やっぱ芝居ってのは良いなあと。
観る楽しさみたいのを久々に感じれた時間でしたね、いつも観てる小劇場と違って新鮮だったんだね、きっと。
一方で、自分達の事もやっぱり間違ってない様な気はしましたね。課題は大いにせよ、見せ物の方向というか…なんか、余り良い表現はできないけど。

うん。

蒸し暑くなってきましたね。

今年は扇風機を買わないと。

土屋
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 22:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
何から話していいのか・・・ 山本
非常に久しぶりになってしまいました。m(_ _)m

先日はホームページのドメインのトラブルが発生してしまい、
しばらくボトムのホームページが見られなくなってしまいました。
復旧はしましたが、しばらく不安定でご覧になっている環境によっては
まだ見られないかもしれません。

ホームページをご覧になっている皆さん、
ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。

先月で遂に30代後半に突入し、
色々飛躍!と言いたいところですが、
平日はIT系の仕事。
週末は観劇やお手伝いに
たまには行楽したりと
聞こえよく言えば充電期間。

そんな中、市村さんより
「歌舞伎を見に行こう!」という言葉に便乗。
いつもチケット予約をする時は、
知人の出演している舞台は
知人に「この日時でよろしく!」
とメールすれば予約完了で、
大舞台を見るときは今まで友人がチケット予約を
してくれていたので、何気に今回初めて予約をネットで予約・決済し、
某券売機で操作して発券してもらう。
やはり初めてすることはドキドキ。

そして本日いよいよ歌舞伎観劇。
歌舞伎を見るのも初めてで、
大舞台ならではの迫力を堪能しました!
キャスト・スタッフの熟練の技だなぁ
そんな人たちに少しでも近づきたい思う今日この頃でした。


author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 23:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
no title
久しぶりすぎる。
完全に滞りましたね、まあ地震もあったしね。


先輩の芝居を見てきました。やっぱり役者陣がよかった。自分が今、自由に舞台ができない状態だから、余りベクトルが芝居に向かっていなくて、目先の片付けが先ずは先決。
でも観るとやっぱりやりたくなりますねぇ。

所で梅雨入りしたようで。
そういえば子供の頃は晴れが嫌いで、雨が大好きな子供だったなあ。週間予報で晴ればっかりだと気落ちしたのをよく覚えている。
今は何か、仕事に支障をきたすとか、洗濯ができないとかそんな事を考えてしまうなあ。人間は歳をとりながら成長していくものだが、確実に昔は持っていたものを落としてしまっているかなあ。気付いていようがいまいが。
良し悪しの問題は人それぞれだけど。ちゃんと前向いてないと、崖から落ちたり、気がつきゃどえらい場所にいたりするからねぇ。
道草の妙もあるけど。

やっぱりそれぞれがそれぞれの判断でそれぞれやっていくから面白いんでしょうねぇ。
今日も雨ですねぇ。

土屋
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 20:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
久々のお手伝い - 山本
今月最初の週末は体調を崩してしまい、
芝居を見に行く予定があったのだが全てキャンセルしてしまった・・・
こんな時期なのでより積極的に観劇しようとしていたのに
このような状況が非常にもどかしく思いました。

それからはそれを取り戻すべく積極的に観劇。
そんなか中で終演後に一万円の抽選をする公演もあり、
見事私が当選しすごくビックリしました(^^;)。
私は特に気にせず見にいったので当選するなど
全く思っていなかったのですが、
こうしていただけるとなるとやっぱり嬉しいものです。
このような状況なので今回の為の企画なのかと思いきや、
この団体は以前からやっているそうです。

そして本日は久々に舞台のお手伝いに行ってきました。
ボトムに関わる前から舞台の受付や場内整理等、
当日運営(当日制作)のお手伝いを何度かしていまして、
何度か手伝っているうちにお手伝いネットワーク的なものが出来てきまして、
時々知人より依頼が来る事があります。

品潮記の稽古開始からは
そんな余裕も無かったので、
しばらくはお手伝いを控えていましたが、
公演終了してからしばらくして
昨年お手伝いをした現場で知り合った方から
お手伝いの依頼をいただき、
久々にいってきました。

いつもはお手伝いに行くと出演者・スタッフ・お客様に知り会いがいたりするのですが、
今回は初めて関わる団体で、
制作のチーフの方以外知り合いがいませんでしたので
昼の時は久々に知人に会うことなく終わり
いつもと違うと思ったのですが、
終演後にお客様から
「BOTTOM-9に出演されてましたよね?」
とお声掛けしていただいた方がおりました。
私:「はい」
お客様:「やはりろくさんですよね?」
すごく嬉しかったです!

こうして色んな方に覚えていただけるように
なっていけたらと思う今日この頃でした。
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 23:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
no title
余波が続いてますね。
あんまし何か分かった様な事を言うのは違うと思うので、特におこがましい事は言うつもりはないが。
地球規模の天災に『自分の無力さを』って、無力なのは当たり前。神でもなんでもないからね。
小さい一個の人間として、やれる事をやるだけ。ここに『頑張れ』とか書いても被災地に届くわけでもなし。節電と寄付だな、俺にできる事は。向こうが求めてるのは物資のみ。これ(ブログ)も電気やら電波やら影響するのかな?知識もないからさっぱりだが、余り優先事項ではなさそうだ。

土屋
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 11:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
良い決断とは・・・ - 山本
金曜の地震のとき、
携帯の回線が混雑していて、
職場のネットでも情報検索しても混雑。
Twitterやmixiは比較的つながっていたので
知人を多く探して状況確認。
みんな色んな情報を提供してくれて
状況が少しずつ把握できた。

市村さんはじめ共演者・友人・知人と多くの方から
「無事か!?」メールはホントに嬉しかったです。

私は俊敏に情報収集できず、
ネットでのみんなの情報を見ることと、
皆に無事だと返信することで手一杯だった。

電車も動かず、徒歩二時間かけて帰宅。
多少家財が転倒していたが、
大きな損害もなく、
ライフラインも問題なく使える。
そんな安心感とは裏腹に震源地近くは大変なことになっている。
非常に無力な自分である。

翌日の土日、
知人の芝居を数本見る予約を入れていた。
このような事態なので、
どうなるか心配だったが、
中止もなく観劇した。
これが良いか悪いかは
判断しかねるけど、
公演を決行するにも、中止するにも
すごく悩み、判断された結果であるとは容易に想像できる。

自分がこのような判断を迫れた時、
どのような決断をするかすごく悩むだろうな。
そのような状況に立たされ、
決断していった方々に敬意を感じました。

author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 02:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
no title
舞台が終わって10日以上か。日常の生活に戻ってきた。もどかしい様なしばらく結構な様なそんな感じ。
ところで3日位前から体調がおかしい。何やら腹が痛く重いような症状からその夜眠れず、嘔吐。
「オイオイ、まさか巷を騒がせてやがるノロじゃあるまいな!?」
ここ数年、風邪とも縁がなく、腹に関しても鋼鉄の腹のこの俺が…。
しまいには軽く熱っぽくなる始末。しかし腹は下ってないのでノロの類ではないだろうと何とかやり過ごす。
ふぅ〜。
困ったもんだ。

土屋
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 13:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ろ、ろくです。
品潮記も終演し、もう3月ですかぁ・・・

前作のじごろうで客演として初参加させていただき、
ボトム所属となって初めての公演で
青年ろくという話の主軸となる大役をいきなりいただき、
制作としても本格的に初めてと
不安だらけのスタートでした。

ろくは幼少から奉公に出され、
どの奉公先も長続きせずに転々とし、
厄介者扱いされ、時には追い込まれで
悪さをした時もあったが、
汐見屋の人々や、汐見屋に訪れる人々に触れ、
成長していく姿。

稽古後半に差し掛かる頃、
私の芝居が本当に上手くいかず、
足を引っ張り私の1000本ノック状態。
座組の皆にも支えられ、
本番は好評をいただき、
本当に嬉しいの一言に尽きます。

あの怒涛の日々から1週間以上経過し、
こうして過去となっていくのだなぁって改めて実感。
寂しさもありますが、
前に進まねばですね。
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 01:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark
終わっちゃったね - 山本
品潮記終わったなぁ・・・
ろくの役を演じることももうないんだなぁって
思うと寂しくなってきます・・・

ホントに色んな事がありました。
今回は過去に関わった公演の比でないほど
色々大変でした(@0@)。

自分の立場ががらりと変わり、
出ずっぱりの役に、スタッフワーク。
やる事いっぱい、上手くいかないことだらけ・・・(T0T)。

稽古でもみんなの足を引っ張った日々。
演出、共演者のアドバイス・叱咤激励・・・じーんときました。
稽古中もろくのようによく泣いていたなぁ・・・(−−;)

本番で好評のお言葉をいただき、
苦労した日々が報われたと
ただただ、思いました。

本番を終え、片付け、打ち上げ、
しかしまだまだ終わらない!

・・・でも、今日は早く寝よう・・・(^^;)
author:BOTTOM-9 メンバー, category:-, 00:52
comments(0), trackbacks(0), pookmark